クラウドバックアップサービスの特徴

弊社のクラウドバックアップサービスの主な機能です。
ご不明な点がありましたら、弊社スタッフまでお尋ねください。

Microsoft社の信頼性が高いデータセンター

弊社が提供するクラウドバックアップのバックアップ環境は、Microsoft社が管理・運営しているデータセンターを使用しています。
これは、会社の大切な財産であるデータを保存する場所として、万全のセキュリティと堅牢性が確保されている環境でご提供させていただくためです。

災害に備えた2拠点バックアップ体制

弊社が提供するMicrosoft社が管理・運営しているデータセンターの特徴は、セキュリティと堅牢性だけではありません。
お客様の大切なデータは、東日本と西日本のそれぞれに1拠点ずつ(合計2拠点)に同時バックアップが行われます。

これにより、万が一の災害等で片方のデータセンターが復旧困難な状態に陥ったとしても、もう片方のデータセンターからデータを取り出すことができます。

VPNによる専用通信で外部の攻撃から守る

弊社が提供するクラウドバックアップは、御社から見ると外部のサーバを利用することになります。
その際、情報の漏えいといった危険が問題視されますが、弊社のサービスでは「VPN(Virtual Private Network)回線」を使用することで、第三者から攻撃する事ができない安全なネットワーク環境をご提供しております。

また、IPsecという機能を用いており、固定IPをお持ちでない環境でもVPN環境を構築し、安心してバックアップ環境をご利用いただく事ができます。

VPN通信について

クラウドサーバ内のデータを、ランサムウェアの暗号化から守る

万が一、お客様のネットワーク環境にあるPCがランサムウェアに感染した場合、ファイルサーバを含めた全ファイルが暗号化されてしまう危険性があります。
もし、すべてのファイルが暗号化されてしまったとしても、弊社が提供するクラウドバックアップは、ランサムウェアの被害に遭うことはありません。

それは、Microsoftのデータセンターと御社のファイルサーバを直接接続していないからです。
バックアップ・復元の際には、弊社から設定させていただく「通信用のソフトウェア」を介してデータのバックアップ・復元を行います。
これにより、(通常ありえませんが)「通信用のソフトウェア」が使用不可の状態に陥ったとしても、ランサムウェアがバックアップファイルを暗号化することはできません。

※「通信用のソフトウェア」が使えない状態になったとしても、再度設定を行うことで、再び過去のバックアップデータをご利用いただけます。

毎日自動でデータをバックアップ

外付けHDD等にバックアップを行う場合は、接続したり、バックアップの手続きを行ったりと、わずらわしい手間が発生してしまいます。

弊社のクラウドバックアップでは、毎日自動でデータのバックアップを行うため、残りの保存可能な容量やバックアップのし忘れ等を気にする必要がありません。

また、サーバのメンテナンス等も一貫して弊社で行っており、「サーバ管理者としてのわずらわしい手間から解放された」といったお喜びの声をいただいております。

30日分のバックアップデータから自由に復元

データのバックアップは30日分保存されていきます。
万が一、ランサムウェアの被害に遭ってしまった場合、復元する際は

  • 戻したい日付の全データを復元
  • 戻したい日付の特定ファイルのみ復元

上記どちらの方法でも自由に戻すことができます。
また、「全データで復元した後、特定ファイルのみ別の日付で復元する」といった事も可能です。

いつでもデータを復元できる!

インターネットにつながった環境さえあれば、屋外に居る場合でもデータの復元が可能です。

常にオフィスにいることができないサーバ管理者の方も、迅速に、安心してご利用いただけます。

最小100GB、最大2TB 容量に合わせた料金プラン

最小100GB 月々12,000円 から 最大2TB 月々40,000円 まで、お客様に必要な容量に合わせたプランをご用意しております。
※上記容量は1日当たりのバックアップ可能容量です。

当HPには、全ての料金を掲載していませんが、ご入用の際はご提案させていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

料金表をみる

 

その他、ご不明な点・さらに詳しい内容は弊社スタッフまでお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちら