クラウドバックアップのセキュリティについて

クラウドサービスの導入で気になるのがセキュリティの問題です。

クラウドバックアップは、強固なセキュリティで守られた場所にデータを保存するので安心です。

(1)通信中のデータ保護クラウドバックアップでは、ユーザー側のバックアップデータとクラウドデータセンター間の通信を、セキュリティで保護された業界標準の通信方式(SSL/TLSなど)で行います。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-4

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-6

(2)保存データ保護
クラウドバックアップは、最も強固な暗号化方式の一つとされているAES256を採用しており、強固な暗号化で保存データを守ります。
また、ユーザーがクラウドバックアップデータにアクセスする際の認証に5回失敗すると、一定時間アクセス拒否をするなど、不正なアクセスからデータを守ります。

ご相談・お問い合わせはこちら