よくある質問

導入前のご質問

もし、バックアップ先のデータセンター側に災害などが起きた場合データセンターにも
影響することが考えられます。

しかし、そのような場合も想定して、データセンターを西日本東日本の両方に保管していますので、
万が一の災害にも対応できる仕組みを確保していますので、ご安心ください。

クラウドバックアップに関する詳しい情報はこちら

クラウドバックアップをご契約後、最短で5営業日でご利用開始できます。

VPN環境がある場合に限ります。

クラウドバックアップに関するお問い合わせはこちら

バックアップしたデータは、Microsoft社の東日本西日本2拠点にあるデータセンターへそれぞれ保存されます。Microsoft社が管理・運営している為、各所万全のセキュリティと堅牢性が確保されています。

万が一、片方のデータセンターが機能しなくなったとしても、もう片方のデータセンターへのバックアップを継続することができます。

クラウドバックアップに関する詳しい情報はこちら

クラウドバックアップに関するお問い合わせ・お見積りはこちら

弊社が推奨しているVPN環境は「YAMAHA RTX810」というVPNルータを使用した環境となります。

また、IPsecのあるVPNルータをご利用中であれば、弊社のクラウドバックアップのサービスを導入する事が可能となりますが、IPsecのプロトコルが異なるとそのまま導入できない場合もあります。
既にVPN環境を導入済みの場合は、お見積り前に一度お問い合わせください。

クラウドバックアップに関するお問い合わせはこちら

弊社のクラウドバックアップは、VPN環境の構築を必須とさせて頂いております。これは、VPN環境を構築することによって、ローカルからクラウド上にデータ転送を行う場合、IPSECの暗号化にくわえ暗号鍵の更新を自動で行うため「意図しない相手との通信」や「データ破壊」の確立が非常に低くなります。このような強固なセキュリティを築くことで、安心してお使い頂けます。

(WEB上でも用いられているhttps(SSL証明書)と同じような、より強固なセキュリティを確立することができます。)

クラウドバックアップに関する詳しい情報はこちら

VPN環境を構築しない場合

ローカルからクラウドの通信方法はIPSECという暗号化手法で通信しており、お互いのパケット情報を暗号化してやり取りを行います。しかし、データローカルからクラウド上にデータを転送する際におきる「意図しない相手との通信」「データ破壊」の脅威は防ぐことはできません。

VPN環境を構築した場合

ローカルからクラウド上にデータ転送を行う場合、IPSECの暗号化にくわえ暗号鍵の更新を自動で行うため「意図しない相手との通信」や「データ破壊」の確立が非常に低くなります。このような強固なセキュリティを築くことで、より安心できるクラウドバックアップサービスが提供できます。

(WEB上でも用いられているhttps(SSL証明書)と同じような、より強固なセキュリティを確立することができます。)

上記のことから弊社がクラウドバックアップサービスを提供する際は、VPN環境の構築を必須とさせていただいております。

クラウドバックアップに関する詳しい情報はこちら

別途見積りでの対応となりますが、可能です。
お手数をおかけしますが、弊社までお問合せください。

クラウドバックアップに関するお問い合わせ・お見積りはこちら

バックアップ可能です。
NAS上に作成されたフォルダ単位にバックアップを取得できます。

クラウドバックアップに関するお問い合わせはこちら

可能です。
クラウドバックアップは、WordExcelPowerPointファイルはもちろん、画像ファイルや音声ファイル、動画ファイルのバックアップにも対応しております。

クラウドバックアップに関する詳しい情報はこちら

クラウドバックアップは、画像や文書またはフォルダ等を安全なクラウド環境にコピー(バックアップ)するサービスです。また、突然のデータ破損やウィルス対策にも非常に活躍する業務改善のサービスとなります。

クラウドバックアップに関する詳しい情報はこちら

クラウドバックアップでは、VPN通信でバックアップをおこないます。

※VPN環境内ではIPsec(Security Architecture for Internet Protocol)を用いており
最も安全な通信環境です。

クラウドバックアップに関する詳しい情報はこちら

導入後のご質問

初期状態では、バックアップファイルにアクセスできるユーザーは1名(管理者権限)です。
ユーザーを追加することも可能ですが、安全な運用の為に、ユーザーに権利を振り分けるのではなく、管理ユーザー1名で運用することをお勧めいたします。

クラウドバックアップに関するお問い合わせはこちら

復元時間は、バックアップファイルの容量に依存します。
写真や文書データであれば、数秒で復元可能です。

バックアップの復元方法の詳しい情報はこちら

サービス導入後、バックアップファイルの保存先へ接続するアドレスをお渡しします。
復元の際は、そのアドレスを使ってクラウド上のバックアップファイルへアクセスしていただき、目的のファイルをコピー&ペーストで移動するだけで復元できます。

詳しい復元方法はこちらでご確認ください

はい、可能です。
バックアップは1ファイル単位で復元することができます。

クラウドバックアップの復元に関する詳しい情報はこちら

解約ご希望の方は解約希望月の2週間前までにご連絡をお願い致します。
2週間以内にご連絡をいただいた場合の解約月は翌々月になります。

例)2018年3月末に解約希望 2018年2月1日に解約の連絡有 2018年3月末で解約
  2018年3月末に解約希望 2018年2月26日に解約の連絡有 2018年4月末で解約

ご契約に関するご質問

1カ月あたりのバックアップ容量については、100GB~2TBの中から必要な容量をお選びいただく料金形態となっており、30日間のバックアップがクラウドサーバ上に保存されている状態です。

クラウドバックアップに関する詳しい情報はこちら

原則、月々のお支払いは弊社指定の銀行口座振替にて自動引落となります。
その他ご要望がございましたら、別途ご相談いただければ対応させていただきます。

クラウドバックアップに関するお問い合わせはこちら

はい、利用中でも容量は変更できます。

※但し、変更された月から月額料金も変更されます。

クラウドバックアップに関するお問い合わせはこちら

その他ご質問

申し訳ございません。Active Directory(アクティブディレクトリ)は環境になりますので、クラウドバックアップでの復旧はできません。

クラウドバックアップに関するお問い合わせはこちら