ランサムウェアへのセキュリティ対策

↓まずは、ランサムウェアがファイルを暗号化する瞬間を録画した動画をご覧ください。

ランサムウェアとは?

ランサムウェアの対策にはクラウドバックアップ

2016年10月現在、ランサムウェアの被害者が増えています。
「ランサムウェア」とは、感染したPC内にある様々なファイルをロックしたり暗号化することによって、使用できない状態(壊れた状態)にしてしまう不正プログラムです。
最悪、社内のPCだけでなく、サーバ内に保存してある大切なデータがすべて扱えなくなってしまう危険性があります。

主な感染源はメールの添付ファイル

感染源は、スパムメールの添付ファイルのダウンロードや閲覧が主な感染経路です。
しかし、添付ファイルに気を付けていても、たまたま開いたHPが改ざんされていたことが原因で、脆弱性を攻撃する目的の不正なサイトへと誘導されてしまい、感染してしまったという報告もあります。

ランサムウェアの対策にはクラウドバックアップ。

すべてのファイルが暗号化され扱えない!
最悪、復元ファイルも含めた社内のすべてのファイルが扱えなくなる!


ランサムウェアは感染した後の対策が必要!
それに最適なクラウドバックアップ


ランサムウェアに感染しないためにセキュリティソフトを入れたとしても、メールに添付されたファイルを社内の誰かが実行してしまえば、セキュリティを通り抜けて社内のネットワークにあるすべての環境が感染してしまいます。
また、既存のランサムウェアには備えられたとしても、未知のランサムウェアに感染してしまう可能性というものは無くならないため、100%ランサムウェアに感染しないというのは現状難しい状況です。

そこで、私たちは、ランサムウェアに感染した後の対策として「クラウドバックアップ」をご提供しています。

クラウドバックアップの特徴

ランサムウェアに最も有効な対策!

今問題視されている「ランサムウェア」は、同じネットワーク内にあるバックアップデータにも感染してしまいます。クラウドバックアップは、ネットワーク外にデータを残す為、現状最も有効な対策です!

ランサムウェアへの備えとは

Microsoft社の信頼性の高いデータセンターを使用

Microsoft社が管理・運営している為、万全のセキュリティと堅牢性が確保されています。また、西日本と東日本の2か所にデータが自動的にバックアップされるため、災害によってデータが使えなくなる恐れ低いことが特徴です。さらに、通信方法には高セキュリティなVPN通信を採用しています。

障害時からの復旧が早い!

インターネットに接続されている環境さえあれば、目的のファイルを見つけてすぐに復元可能です。最大30日間のバックアップから、必要な時点に戻って自由に復元が可能です。

これだけの高機能・高性能なのにリーズナブル

2重のバックアップ体制と、素早い復旧が可能なのに、「月額100GB 12,000円~」という低価格を実現しました!

クラウドバックアップの価格表はこちら